江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院

交通事故後の症状

交通事故による怪我の原因は追突事故が多く、その中の80%以上が首・腰関連の ケガというデータがあります。
 「整形外科でレントゲンを撮ったが、骨に異常がないと言われた」
 「痛みもあまりないので、全治1週間と言われた」
 「骨に問題ないので、湿布を出されて帰された」

交通事故のケガは「むち打ち」が最も多いです。
むち打ちのような筋の損傷は、骨に問題がない為レントゲンにはうつりません。
整形外科で「レントゲンで異常がない」と言われた為、治療を早期終了してしまい あとから後遺症による二次障害に悩まされる方がたくさんいます。
後遺症に悩まされない為にも、早期のきちんとした診断と、症状が完治するまでの治療が 必要不可欠です。


むち打ちについて

むち打ちとは、交通事故などの衝撃で、人間の首の正常な運動範囲を超えて 頭が前後に激しく動き、首の周辺の組織が伸びたり切れたりしておこる症状です。
頚椎のほか、筋・靭帯・神経・血管などさまざまな損傷がおこる可能性があります。
後ろから追突されると、座席とともに背中は前に移動しますが、座席に接していない頭部は慣性でその場に残ります。
頭部は後方に強く伸展した後に、前方へ強く屈曲するのです。

症状は、首の周辺のこわばり、肩や背中の痛み、頭痛、胸のしびれ、だるさなどが現れます。
損傷が強いと、腕に伸びる神経に障害が及び、痛みやシビレが出ることもあります。
また、めまいや吐き気なども伴う人もいます。
むち打ちの大きな特徴は、受傷直後には痛みがなく、あっても軽い痛みだけという点です。
しかし受傷の2、3日後から症状が現れ、時には1ヶ月程経ってから 発症する場合もあります。
放置すると痛みや機能障害から、二次障害を起こすことがありますので、早期の適切な治療と きちんと完治するまでの継続治療が大事なのです。





  ホーム > 交通事故後の症状