江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院


シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)は、ランニングなどの陸上競技の選手に多くみられるスポーツ障害で、 ふくらはぎ内側の中1/3から下1/3にかけての痛みを特徴とし、 下腿のランニング障害の最も多い原因の一つです。
運動中は痛みが持続し運動をやめると痛みは治まりますが、 ひどくなると日常生活動作の中でも痛みが出てきます。
年齢は10代から40代、特に16〜17歳ぐらいに多く、高校や大学の新入部員や合宿などで練習量が急激に増加した時や、初心者が急に負荷の高いトレーニング を始めた時などにおこりやすい傾向にあります。


シンスプリントの発生部位である脛骨には筋肉が付いていないので、 ランニング・跳躍などにより、骨に直接的に負荷が作用し、脛骨表面に炎症を引き起こすことがシンスプリントの原因です。
我慢していると骨に負担がかかり、疲労骨折になることも珍しくありません。
その他に、下腿や足の形態(扁平足など)や筋肉の機能低下と柔軟性の欠如、練習する場所の表面(アスファルトなど)、靴、練習方法なども発生の原因とされています。


骨膜の炎症が強い部位には物理療法で炎症を抑えていきます。
ダッシュやとジャンプ動作を減らすなど練習量と内容の見直しが大切です。
運動前にストレッチ、テーピングをし、運動後はアイシング、マッサージなどのケアをしっかりと行うなど適切な処置をして症状が悪化しないよう 予防していくことが重要となります。


  1. ホーム
  2. 症例
  3. シンスプリント