江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院


オスグッド・シュラッター病は、10〜15歳位のサッカー、バスケ、バレーなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、 膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎です。
膝のお皿の少し下辺りに痛みを訴え、進行すると患部がポコンと飛び出すのが特徴です。
運動時や運動後にに痛みが強く現れます。


跳ぶ・走る・ボールを蹴るなどの動作で大腿四頭筋が繰り返し収縮し、筋肉の付着部を何度も引っ張るため痛みが生じます。
さらに成長期の子供の骨は、まだ完成しておらず引っ張られた付着部は徐々に突き出してきます。
大腿四頭筋にばかり負荷をかけず、ハムストリングや内転筋、外転筋など、太ももの筋肉をまんべんなく 使うようにすると、脛骨粗面に加わる負担が軽減するので、症状の悪化を防ぐことができます。


運動量を減らすなど安静を保ち、状態により膝蓋靱帯を圧迫して運動負荷を軽減するテーピング処置を行います。
温熱治療・低周波治療・超音波治療などの物理療法も有効です。
また、大腿四頭筋の柔軟性がないと膝蓋骨周囲にかかる張力が高くなり痛みも出やすくなるので、大腿四頭筋のストレッチも行います。
通常は上記の治療により数ヶ月で症状は改善しますが、十分な安静が保てないと痛みが中途半端に持続したり、 成人しても痛みが持続することがあります。
スポーツと治療をどうバランスさせてゆくかが一番大事なところで、場合によっては痛みが多少あるのを承知で治療と 平行してスポーツも程々に行いますが、 いったん症状が出現すると、簡単には消失しないので 発症初期の決断、適切な休養期間が大切です。


  1. ホーム
  2. 症例
  3. オスグッド・シュラッター病