江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院


人間の背骨は、24個の骨が積み木のように重なってできています。
そして、骨と骨の間にクッションの役割をはたす「椎間板」と呼ばれる軟骨があります。
繊維輪(周辺の硬い部分)と、髄核(中心部分)で、構成されています。
椎間板ヘルニアとは、髄核(中心部分)が繊維輪(周辺の硬い部分)を破って飛び出し、神経を圧迫し、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすものです。

代表的な症状として、下記のようなものが見られます。
・坐骨神経痛
・腰痛
・せきやくしゃみで激痛がおこる
・片側の腰から足先にかけてのしびれや痛み
・立っているとすぐ辛くなる、また座った状態から立ち上がるのが辛い
・下肢の一部に触っても感覚が鈍い


椎間板ヘルニアの原因として、下記のものがよく挙げられます。
日常生活での背骨に負担をかける動作
中腰で重い物を持ったり運んだ。腰を強くひねった(ゴルフやテニスの素振り等)。長時間の座り仕事や運転。
椎間板の老化
椎間板は加齢により、弾力性が減っていきます。これが進行すると、ちょっとした動作でも衝撃や圧迫に耐えられず、髄核が突出しやすくなります。 
骨の老化
加齢によるものや、骨粗鬆症や骨の変形などの原因で、骨が欠けてしまい椎間板を潰してしまう場合もあります。


痛みの強い急性期には、まず安静にし、温熱療法 電気治療、牽引療法などの物理療法を行い経過を観察します。
当院の牽引治療器は、椎間板の内圧を下げ、腰椎の彎曲の矯正、筋肉の緊張を取り除き神経の出口を拡大、痛みを著しく軽減させ、しびれなどの 神経症状の緩和にも効果的です。
また、患者さん自身の体重を利用して牽引するので、安全かつ効果の期待できる治療方法です。

  1. ホーム
  2. 症例
  3. 腰椎椎間板ヘルニア