江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院

子供のケガ

子どもには成長が有るため、大人と違い子ども特有のケガ、症状があります。
多くは骨の成長や運動量など、大人に見られない身体の状態が元になっています。
体への負担かかりかた、力の加わり方も大人とは異なります。
小さいお子様の場合は、痛みの訴え方も個人差があり症状を見分けるには経験が必要です。
いつもより様子や仕草がおかしい、痛がって片手を使わないなど、親御さんが少しでもおかしいと感じたら お気軽にご相談ください。

肘内障(子供の肘が抜けた)

学齢前の2歳〜小学校の低学年ぐらいまでの子供特有の肘関節の障害です。
肘関節にある橈骨という骨が肘の靭帯から亜脱臼してしまうために起こるものです。

主な原因は以下のような事例です。
親などが手を引っ張った
寝ているとき手が体の下敷きになった状態でねじれた
子供の手を持ってバンザイの格好で持ち上げた
遊んでいるときに手を持って振り回した
症状は、子供が手を下にたらしたまま、痛い方の手を上に上げず使わなくなります。
一見大きな腫れや内出血はみられません。
子供によっては肘ではなく、手首の方を痛がっているように見えることもあります
親御さんも、子供が反対の手で手首を持ち肘を固定しているのを見て、手首が痛いと誤解されることもあります。
治療は、もとの状態に整復を行って戻せば痛みもすぐに収まります。
しかし短期間に何度も起こる場合はすこし固定をした方が良い場合もあります。
治療後の生活では、小児の手首を持って持ち上げない、急に手を引っ張らない、などのことを保護者の方が 注意してあげてください。
また、転倒した後に肘を同じように痛がる場合は骨折の疑いもあるので、自己判断をせずに早期の内に整骨院などの専門の医療機関を受診しましょう。















  1. ホーム
  2. 初めての方へ