江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院


激痛のため、背中を丸めて腰を曲げた状態でしか歩けなくなったりします。
腰の右か左のどちらかに痛みが出ることが多く、痛みの程度は症状により様々です。
軽いぎっくり腰だと、歩いたりは出来ますが、重い症状になるとベットから起き上がれない程、鋭い痛みが生じます。背中を軽く丸めて横向きで寝ると痛みが楽になります。


主として、腰部の椎間関節の「ずれ」が原因と考えられています。
不自然な姿勢や中腰の姿勢、同じ姿勢を長時間続るなど姿勢による原因、スポーツや仕事での腰の使いすぎによる原因から椎間板ヘルニア、 変形性脊椎症、腰椎分離すべり症など様々な起因があります。
お年寄りでは、骨粗鬆症による圧迫骨折でぎっくり腰と同様の症状を起こすこともあります。


腰部の椎間関節の「ずれ」を戻す90度-90度牽引法とAKA療法による治療が効果的です。
90度-90度牽引法は安全で無理のかからない腰椎椎間関節の整復法です。
腰部の筋緊張を緩めながら、腰椎の前彎を減少させ患者の体重により腰椎の椎間関節を緩やかに開いていきます。
ぎっくり腰は日頃の予防対策が大事です。
急性期を過ぎたら腰部の筋力を強める運動療法も合わせて行います。


  1. ホーム
  2. 症例
  3. ぎっくり腰