江戸川区 葛西 接骨院 交通事故の治療が得意です

ハート整骨院 ハート整骨院
ハート整骨院

交通事故にあってしまったら

交通事故が起きた際には、適切な判断と対応が必要です。
万が一、交通事故が起こってしまったら、事故の際の最初の対応が当事者間のトラブルを防ぎ、 円満解決にもつながります。
事故に遭ってしまった場合の大まかな流れは以下をご参考にしてください。


・相手の氏名、連絡先、住所、車のナンバーを控える
できれば運転免許証を確認してください。
・交通事故現場の状況を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮る
事故当時の記憶が薄れ、現場の様子が一変してしまうと後々揉めることもあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。

当事者同士での現場での口約束や示談は絶対にしないでください。
・警察官の名前を控える
・警察に『交通事故証明』を申請
保険金の請求手続きの際に必ず必要となります。
・人身事故扱いにする
警察に痛みがある旨を伝えて人身事故扱いにしてください。
物損扱いになると自賠責保険が使えず慰謝料が出ません。

"大したことはない"と自己判断をせず、すぐに整形外科・整骨院に行ってください。
・病院で診察を受け、診断書を発行してもらう
病院で「事故にあったので診断書が欲しい」と伝えてください。
こちらが何も言わないと診断書を発行してもらえない場合もあります。
診断書があると、その後スムーズに治療が始められます。
・病院の治療費、通院の際に利用した交通費の領収書を保管
ご自分で治療費を支払った場合は、後で保険会社に請求できるので忘れずに 領収書を保管しておいてください。
・診断書を警察へ提出
診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。
診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。
なるべく早期にハート接骨院に来院してください。 詳しく検査・診察を行った後、診断書を発行いたしますので所轄の警察署に提出してください。 レントゲン撮影が必要な方は提携先の病院に紹介を致します。
相手の保険会社から電話がかかってきたら、通院する医療機関を伝えてください。
あくまでも通院する医療機関は患者さんが決めるものですので、 救急車で運ばれた病院にしか通院できないということはありません。
後から整骨院に転院すること、両方に通院することも可能です。

交通事故の発生日時、発生場所、概要を保険会社へ必ず連絡し、ハート整骨院に通院する旨をお伝えください。 とくに対人事故は発生から60日以内に通知しないと、保険金が支払われない仕組みになっているので気を付けましょう。 その後の保険会社とのやりとりは当院にて対応致します。






  ホーム > 交通事故にあってしまったら